水道工事業者にお願いするかどうか検討する

水道工事業者にお願いするかどうか検討する 水道の故障は突然起こります。水漏れが起こっていると、慌ててポスト投函されていたチラシの水道 工事業者にお願いしてしまいがちですが、キチンとした業者を選ばないとトラブルの元となってしまうことがあります。まずは慌てずに現状を把握して、工事をどこにお願いするのか見極めましょう。水道 工事業者なんてどこも同じだと思っているとしたら、決してそのようなことはありません。残念ながら悪質業者と言われるところが存在するので、十分気をつけるべきです。

■水道が水漏れしている

水道の故障の中で最も多いのが水漏れです。最初の内はそれほどでもなくても、そのまま放っておけば水漏れの量はどんどん増えて行ってしまいます。なるべく早めに修理した方が良いです。
蛇口から吹き出している場合やポタポタと落ちているならば明らかに水漏れしていると分かりますが、気がつかない間に水漏れが起こっている場合があります。たとえば請求額が増えたなと思ったらまず水漏れを疑ってみるべきです。水道を使用していないにも関わらず、メーターのパイロットが回転しているようなら水漏れしていることを表します。最初は僅かであってもだんだんと増えていき請求額も多くなってしまうので、早めの対処をすることが重要です。
漏水が確認でき、修理を依頼するときは箇所によって連絡先は違ってきます。メーターと配管の間ならば水道局に連絡しなければなりませんが、メーターから建物内ならば各自で対応しなければなりません。

■水道 工事せずに自分で修理する場合
漏水が起こっている場所によっては自分で直せることもあります。水漏れが最も起こりやすい蛇口は、耐久年数がおよそ10年と言われているので、それ以上の年数がたっているのなら、劣化している可能性があります。その場合は劣化している部品を替えることで水漏れを直すことはできます。
まず蛇口の種類は大きく分けて2種類あり、ハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓のどちらかであることがほとんどです。ハンドル混合水栓は築年数が古い家で使われているタイプで、主に左が水、右がお湯と分かれているのですが、内部の作りは至って簡単で、それぞれの接合部分にあるパッキンが劣化している事がほとんどです。レンチなどでゆっくり回すと外れるので、漏水している部分のパッキンをホームセンターなどに持参して同じ大きさものを購入して交換します。
シングルレバー混合水栓は、バルブカートリッジと呼ばれる部分で、全ての機能をまかなっています。大抵の水漏れはこのバルブカートリッジを交換することで直ります。ホームセンターやインターネットでも販売されていますが、必ずメーカーを確認してから購入することが大切です。

■自分で出来ないと思ったら速やかに業者にお願いする

部品を交換するだけで漏水を直すことが出来る場合もありますが、取り外すときのレンチがなかったり、経験がなければ躊躇してしまいます。自分で対応すると安価に済ませることが出来ますが、失敗してしまうと、より大きな損害になってしまうことも考えられます。
自分では無理だと思ったら、速やかに業者に頼むべきです。しかし、業者選びは慎重に行わなければなりません。修理後に法外な金額を請求されたというトラブルは少なくありません。ご近所などに以前修理を行ったことがある方がいる場合は、そのときの評判を聞いてみると、業者選びの参考になります。

■まとめ
水漏れが起こったときは、なるべく早く直した方が良いです。そのまま放っておくと、水漏れ箇所はどんどんひどくなってしまい修理に時間も費用もかかってしまいます。水道 工事業者にお願いせずに自分で修理する場合は、現在どのようなタイプの水道か必ず確認してください。取り外しが上手くかない場合などは、無理してはずそうとせずに業者に任せてください。無理にしてしまったことにより、プロが行っても大変な状態になってしまったりすると、プラスの料金が発生しまったりします。慌ててチラシに記載されている価格を鵜呑みにして、見積もりも取らずにお願いするのはやめましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース